北欧インテリア-季と香と暮らす-

大好きな北欧インテリア・雑貨やアロマや乗馬のこと



わが家のお雛様は焼き桐の台座で渋め

   

もうすぐ雛祭りですね。

わが家は豆まきが終わったらすぐにお雛様を出しているので、1ヶ月くらいは毎日お雛様をみて楽しむコトができます。

もうすぐ終わってしまいますが、ちょっとお休みしてすぐに五月人形を出す予定ですので、この時期のキャビネットは変化があって楽しいモノです。

お雛様はふたり雛でして、出すのもしまうのも本当に簡単です。

ふたり雛の焼き桐の台座がスキ

しかもオキニイリポイントはもっとありまして♪

① お雛様のお嫁入り道具がスゴクたくさんあるんです。

② お雛様の髪型がスキ

③ お内裏様のお顔がカッコイイ

④ お着物の柄が素敵

⑤ 焼き桐の台座がお雛様の雅さを引き立てる渋さ

毎年言っていますが、わが家にピッタリのお雛様なんですよね。

家族の健やかな成長を見守ってくれているのです。

 - リビング , ,


 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  

  関連記事

日本の民芸品にココロうばわれる
民芸品にココロうばわれる

今日より帰省中でして。 やっぱり生まれ育った街はイイですね。 ゆっくりゆったり時 …

お雛様飾りの横に手毬をかざる
お雛様の横に手毬をつくって飾る

久しぶりにラケットを振りました。 と、いっても1日半ぶり(笑) 明日は初めてのテ …

帆船のファブリックパネル
ファブリックパネルで壁をかざる楽しみ

乗馬のレッスンをはじめたおかげで馬のモチーフがわが家には増えました。 今はキーリ …